SDGs・消費者志向自主宣言を通したフジタグループの取組み

SDGs・消費者志向自主宣言を通したフジタグループの取組み

バラストウォータートリートメントシステムの導入

国外で積み込む港と排出する港が異なるため、バラスト水に含まれる水生生物が多国間を行き来し、地球規模で生態系が撹乱されるなどの問題が生じています。
国際航海に従事する総トン数400トン以上の船舶は、型式承認を得たバラスト水処理装置を搭載し、国際バラスト水管理証書(日本では国土交通省が交付する国際海洋汚染等防止証書)を所持することが義務付けられています。
※2024年9月8日までには全ての対象船舶は搭載する必要があります。
藤田商事では合計5隻の船を所有しておりその中の『BBCレインボー』に2020年10月に「バラストウォータートリートメントシステム」装置を導入しました。
本装置は、バラストに貯めている水を生物分解することにより、どの地域で排出しても、水質に変化が生じない水処理を行うものです。
国連の規定により、外航船全てに設置が義務づけられており、当社のウルトラギャラクシーも2023年に設置予定です。

BBCレインボー(2020年10月設置)・ウルトラギャラクシー(2023年設置予定)

アドプトプログラム吉野川

吉野川流域に暮らす人たちが、自分たちの手で「かけがえのない吉野川を守ろう」というボランティア活動である「アドプトプログラム吉野川」にも20年以上継続して参加しており、吉野川北岸の穴吹橋、吉野川上流600m~1400mの区間の美化活動を、休日に、お子さんを含めて多くの社員が取組んでおります。

アドプトプログラム吉野川

「徳島はぐくみ支援企業」の認証

フジタグループでは、企業として2020年、「徳島はぐくみ支援企業」の認証を受け、子供を産み育てながら働き続けることが出来るように、事業所内保育の運営をはじめ、育児休暇や生活スタイルに合わせたフレックスタイム出勤、また藤田育英制度により子供たちが高等教育を受ける為の支援などを積極的に行っています。インスタグラムでも、子育ての様子を世界に向けて発信しております。

「徳島はぐくみ支援企業」の認証

「うつらない、うつさない宣言」の実施

Postコロナ時代を見据え、現段階でできるWithコロナ下での業務体系を確立しています。
また、社員全員及びその家族の早期ワクチン接種への取組み、お客様の安全、社員の健康を第一に考えて行動いたします。

「うつらない、うつさない宣言」の実施

「健康経営優良法人」のお認定

健康診断の社員全員受診や、重症化の予防の為に、社内ジムの設置や職場内の分煙対策を行いました。さらにはメタボ対策として入社当時、体重が130kgあった社員のダイエット記録をインスタに投稿するなど健康経営に取り組む企業として社内外にむけて、「健康事業所宣言」を出しました。そして、今年の3月、「健康優良法人」に認定されました。

社内フィットネスジム・うつらない、うつさない宣言、ダイエットInstagram、健康事業所宣言

献血活動

日赤奉仕団の支援運動と共に、年に1回の献血活動を25年以上継続しております。
社員はもとより、当社をご利用頂くお客様にもお声掛けをして、献血を行い、あわせて炊き出し訓練なども実施しております。

献血活動

「マザーランドアカデミーインターナショナル」支援事業

世界最貧困第5位 マリ共和国への支援活動

過去30年に渡り続けてまいりました「マザーランドアカデミーインターナショナル」支援事業では、世界最貧国第5位である西アフリカのマリ共和国に対し、毎年物資を送る支援をはじめ、緑化活動を推進するための支援、飲み水用の井戸や子どもたちが教育を受ける為の学習施設の建設と、少しずつ、しかし確実に貧困との闘いを支援し、国と人との平等に貢献しています。

「マザーランドアカデミーインターナショナル」支援事業

防災意識の強化、防災拠点の設置

毎年、防災公演・防災訓練を行い、防災意識の強化を図る取組みはもちろん、当社のトレンディ脇町、トレンディプラザ北島、松茂油槽所は、認定保安基地として、災害時に必要な車両の給油を最優先に行える設備を整え、今年4月には、脇町充填所が中核充填所となり人だけでなく、物(設備)も地域の防災拠点として災害時に地域の皆様に貢献できる体制が整いました。

中核充電所、認定保安基地

ダイバーシティー経営の推進

フジタグループはダイバーシティー経営(国籍、性別、年齢などにとらわれず、多様な働き方を受け入れていこうという経営)を推進しております。海外(台湾)の大学にて新卒採用を行い、優秀な人材が当社で一緒にがんばってくれています。
また、LGBTQコミュニティー支援企業を目指し、理解を深めるための勉強会やゲイカップルを招いてのパネルディスカッションなども行いました。2020年には、異文化交流を活性化するために「アジア架け橋プロジェクト」から2人(インドネシアと中国)の高校生の日本留学を受け入れ宗教や文化の違いを学ぶ機会も設けました。また、私たちは1ヶ月に1度、仲間への感謝を表現する方法として、「ありがとう星」プロジェクトを継続しています。

ナッジ理論に基づき、自然発生的に素直に「有難う」が言い合える環境が整っています。また、3ヶ月に1度、会社への貢献度が高く頼もしい社員にフォーカスを当て、インタビューを行う「フジた(のもしい)社員にフォーカス!」という企画を実施しております。同僚の働き方や意外な一面を見ることで社員同士の交流の活性化にも繋がったり、「フジた(のもしい)」社員マークを名刺や社員証につけることで、お客様との会話のきっかけ作りをしています。

外国人積極的採用、留学生支援、ありがとう屋、LGBTQコミュニティー支援、フジた(のもしい)社員にフォーカス

徳島県婦人団体連合会オフィシャルスポンサー活動

当社の代表が会長を務める、徳島県婦人団体連合会のオフィシャルスポンサーとなり、県内各地の婦人会活動の支援を行っております。
また、婦人会の2021年度の取組み『SDGs意識調査1万人アンケート』に全面協力をしております。

当社ガスをご利用の皆様へ

  • 個人のお客様窓口
  • 法人(産業・事務用)のお客様窓口
  • Q&A よくある質問
入転居に伴うお問い合わせ新規ご契約・ご解約に関するお申し込みはこちら リフォームについてのお問合せはこちら bottom
  • ボランティア活動
  • 育美のたまて箱
  • 採用情報
  • フクポン.com
  • JCC TOKYO
  • Facebook
  • instagaram
  • instagaram
  • トレンディ脇町LINE
  • トレンディプラザ北島LINE
  • フクポンライフサポート
  • COLORS
Copyright © 2015 FUJITA GROUP All Rights Reserved.